重賞予想

【勝ち馬予想】札幌2歳ステークス2020、勝ち馬候補まとめ【過去10年のデータで実証済み】

  1. HOME >
  2. 重賞予想 >

【勝ち馬予想】札幌2歳ステークス2020、勝ち馬候補まとめ【過去10年のデータで実証済み】

 

 

 

「札幌2歳ステークスはどのような馬が有力なの?2歳戦なので、何を基準に予想すればいいのかわからない。よくわからないのになんとなく馬券購入・・・これだけは避けたい」

 

 

 

 

 

こういった疑問、ご要望に答えます。

 

本記事の内容

・1. 過去10年、札幌2歳ステークスの勝ち馬データまとめ

・2. データから見る札幌2歳ステークスの勝ち馬像

・3.中央競馬予想、札幌2歳ステークス2020今年の勝ち馬候補

・4.中央競馬予想、札幌2歳ステークス2020危険な人気馬

 

この記事を書いている私は、

毎週重賞のデータ分析をしています。

最近は札幌記念、北九州記念の1着馬的中しております。

こういった私が解説していきます。

最近の的中記事はこちらから!

no image
北九州記念2020【勝馬予想】過去10年の勝馬のデータ公開!!今年はこの馬!!

続きを見る

札幌記念2020【穴馬予想】過去10年の穴馬のデータ公開!!今年はアノ馬!!

続きを見る

札幌2歳ステークス、過去10年の勝ち馬データまとめました

過去10年勝ち馬の共通データを調べました。

勝ち馬の共通データは以下の通りです。

全部で10項目です。

 

過去10年共通データ

 

①前走札幌競馬場から函館競馬場

→過去10年7勝

②前走芝1800m

→過去10年7勝

③前走上がり3ハロン2位以内

→過去10年10勝

④前走4コーナー4番手以内

→過去10年9勝

⑤前走1着

→過去10年9勝

⑥前走1番人気

→過去10年8勝

⑦前走馬体重460~499キロ

→過去10年7勝

⑧母父ロイヤルチャージャー系、ニアークティック系

→過去10年8勝

⑨ノーザンファーム、社台ファーム生産馬

→過去10年5勝

⑩中5~9週

→過去10年4勝

 

 

データから見る札幌2歳ステークス勝ち馬像

結論として前走函館か札幌競馬場の芝1800m組です。やはり洋芝を経験したのは大きなアドバンテージ。脚質は先行馬、また上がり3ハロン2位以内の切れる脚を使って勝利した馬に、本レースは好相性です。

 

札幌2歳ステークス2020、今年の勝ち馬候補

今年の出走予定馬の中から、過去10年勝ち馬の共通条件に該当する馬をランキング形式で紹介します!

 

第3位 ウインルーア、ソダシ

10項目中7項目該当

ウインルーアは去年の覇者ブラックホールと同じゴールドシップ産駒。前走は、本レースと同じ札幌芝1800mを快勝しており、血統的にも条件的にも期待できる1頭です。

ソダシは、父クロフネ、母はダートで活躍したブチコという血統。近親には、ハヤヤッコやシロニイなど活躍馬多数。前走も2着馬に0.4秒差をつける快勝。素質馬でもあり期待できます。

結果→1着

 

第2位 ピンクカメハメハ

10項目中8項目該当

面白い名前の馬ですね。キングカメハメハ産駒ではなく、リオンディーズ産駒(リオンディーズはキングカメハメハ産駒)。前走新馬戦を逃げて快勝。最後の直線は余裕の手ごたえで、伸びしろ抜群といった印象。ただ少頭数の外枠発走のため、馬群に包まれる経験がないのは割引材料です。

第1位 バスラットレオン

10項目中9項目該当

結果→3着

前走札幌の新馬戦をほぼもったままでの1着。体全身を使った雄大な走りで、レース中は走ることに終始集中している印象。非常に素質を感じるレース内容でした。あの集中した走りは、控える競馬でも新たな良さがでそうです。非常に楽しみな一頭です。

 

 

札幌2歳ステークス、危険な人気馬

データを分析していると、危険な人気馬のデータも見つかりました。このデータに合致するとほとんど馬券になっていません。

危険データ:函館芝1800mを2番人気以下で新馬勝ち。過去10年で複勝率0%。

該当馬:ピンクカメハメハ

そのほか重賞予想はこちらから!!

【勝ち馬予想】小倉2歳ステークス2020、勝ち馬候補まとめ【過去10年のデータで実証済み】

続きを見る

【的中御礼】【中央競馬】新潟記念2020、過去10年の傾向からの推奨馬【穴馬推奨あり】

続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

ブログランキング参加しています。1日1回応援クリックお願いします。

-重賞予想

© 2022 PINPOINT競馬予想 Powered by AFFINGER5